20/2/15 東和田城

この日は昼過ぎに外出して、京成本線京成成田駅から東へ1km強の場所にある長光寺へ向かいました。

概要

周辺ではGPSの精度が悪く、位置情報は思うように取得できませんでしたのでGPSログは参考程度となります。
この辺りは東和田城があった場所だそうで、城の詳細については分かっていないようです。

東和田城散策


(左)西の根木名川対岸から見た城域遠景。
(右)西を流れる根木名川。

(左)城域へ向かう道。左側は城塁のような雰囲気があります。
(右)南側から見た城域。長光寺の南側に二段の平場をあります。

(左)長光寺から見て最も下に位置する平場。ここまで城域だったものと思われます。
(右)長光寺に隣接した平場。

(左)曲輪跡とされている長光寺。入口は閉鎖されていたので外からしか見ていません。
(右)長光寺境内には土塁の跡らしき物が見受けられます。

長光寺付近から東側を見たもの。

長光寺北側を通る坂道はかつて空堀だった名残かも知れません。

東和田城歴史

この城の歴史について詳細は分かっていません。
周囲は1kmほどには寺台城や日吉倉城があり、それらとネットワークを結んで機能する城だったとみられている様です。
城の場所は竜顔台と呼ばれていたそうで、90年頃まで残っていた様ですが、宅地開発や土取りなどで長光寺が建っている最も南の曲輪を残して地形毎消失した模様です。

感想

現在残っている城はごく一部のようです。
実際に残っていれば結構な規模だったと思いますが、寺台城よりは少し小規模かも知れません。
しかし城の大半は地形毎消失してしまい、現在は北にある御所の内と呼ばれる住宅地となっています。
この「御所」というのにも城の名残を感じます。
その御所の内周辺も見てみようかと思いましたが、道を間違えてしまい、地形ごと無くなったのなら何の名残も無いだろうと思いなおして帰路に着きました。

参考

余湖くんのお城のページ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください