16/2/6 松虫陣屋

今日は昼過ぎに外出して、北総線印旛日本医大駅から東へ1kmほどの場所へ向かいました。

この場所は松虫陣屋があったとされている場所です。

(左)南東から見た城域。城域の南側は北総線延伸(成田スカイアクセス)により破壊を受けた模様です。
(中)城域南の切通しこの辺りも一応城域のようですが、これが遺構かどうかはっきりしません。
(右)城域北側からの進入路を見つけて進みます。

(左)空堀。確認出来る範囲ではやや浅い気がします。
(中)土塁。
(右)土塁の上から郭内を見ます。非常に藪が酷く探索は難しそうです。

この陣屋は伝説上の人物で常陸の岡見氏重臣である栗林義長が下総侵攻の足がかりとして陣を置いたと云われている模様です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください