今では戦跡公園 『具志頭城跡公園』

 皆さんこんにちは。

 今回は『具志頭グスク』を紹介したいと思います。

 案内板によればこのグスクが築城されたのは十四世紀初頭とされ、英祖王統第二代大成王の三男である具志頭按司によるものだといわれているようです。いままで見てきた八重瀬グスクや上グスクに時期的に近いようです。

 また、このグスクは最大クラスの規模だったといわれ、確かに公園内は結構広いです。

 ですが残念なことは、グスクの跡はほとんど残っていません。その代わり、広々とした公園内は戦跡公園として整備されています。

 史跡、文化財としての跡をとどめるものは、公園内にある御嶽(ウタキ)ぐらいのものです。

gusityan  とはいえ、公園内には甲斐の塔、土佐の塔に、具志頭村の慰霊碑がありますし、崖の上にあるだけあって見晴らしは良いです。

 歴史の跡ではなく、凄惨な戦争の跡を残す、といったところでしょうか。

 そういった意味ではいってみる価値はあるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください