22/6/29 幸谷城

この日は昼頃外出して東武野田線増尾駅から北東へ500mほどにあるきつね山歴史公園場所へ向かいました。

概要

この場所は増尾城が築かれるまで地域支配拠点であったと見られる幸谷城の跡と云われています。

幸谷城散策

南東から城域を見たもの。
城域へ向かう道。
主郭東側の虎口跡。
喰違い虎口だった様ですが、土塁が分かり難くなっています。
城域南側の土塁。
主郭南側の虎口跡。
主郭南西部に見受けられる空堀跡。
主郭西側の説明板。
主郭を北西から見たもの。
主郭内。
主郭北側の土塁と空堀。
主郭北東から北側に向かう道。
主郭北側の郭を東側から見ます。
北側の郭北東にある物見台とされる土壇。
北側の郭からさらに一段下がった平場。

幸谷城歴史

この周辺は鎌倉時代相馬氏の所領だったとされ、この城も相馬氏によるものと見られている様です。
戦国時代には高城氏の支配下となり、この城には高城氏家臣の平川氏が城主となる増尾城が築かれた事からその支城になったとする見方があるようです。

感想

この城は2007年と2009年にも訪れていますが、当時は民家敷地内ということで外側から見てそれらしい雰囲気を感じる程度しか出来ませんでした。
しかし最近になって地主の厚意により整備され開放されている事を知ったため3度目で内部の散策となりました。城域内は適度に手入れされている雰囲気で、快適に散策できる印象を受けました。少し遺構が失われている様ですが、駅に近い住宅街でこれだけ残っているのは幸運というべきかも知れません。

参考

現地説明板

東葛の中世城郭

城郭図鑑

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください