21/2/26 太田用替城

この日は昼過ぎに外出してJR総武本線、成田線物井駅から北東へ2kmほどの場所に向かいました。

概要

麻賀多神社の北に当たるこの場所は、太田用替城の跡と言われていますが、藪に埋もれています。

太田用替城散策

南西にある鹿島川に掛かっている橋から城域方面を見たもの。
中央右よりが城域です。
南西から見た城域遠景。
高台上南にある麻賀多神社。
城域南東のあぜ道突き当りから城域へ向かいます。
虎口状地形の道。
全体的に藪が酷く見通しが悪くなっています。
城域東側を縦断している二重土塁間の堀底道。

郭内。
西側に向かって緩やかに傾斜しています。

太田用替城歴史

この城の詳細な歴史は分かっていない様です。
ただ鎌倉時代に千葉常胤が一時的な陣屋を置いたという伝承があるようです。
また千葉氏が本佐倉城に移る前に一時的な居館を置いたとする見方もあるようです。
いずれにせよ位置的には千葉氏に関する城郭と見て良さそうです。

感想

単郭の小規模な城郭です。
しかし全体的に藪が酷くて探索はなかなか厳しく、撮った写真もどこを撮ったか分かり難いものばかりでした。
郭が緩く傾斜していて、居館を置くのに適していたかという点が気にもなりました。

参考

日本城郭全集 3
余湖くんのホームページ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください