14/12/30 藤橋城

今日は今年最後の散策として昼ごろに外出し、JR青梅線河辺駅から北東へ2.5kmほどの場所にある藤橋城跡公園へ。

城域南側の入口と入り口脇の説明板。
この城の入り口は現在、北側を除く三方向にあり、どれが本来の入り口か分からなくなっています。
地形的に見て西側は無さそうですが・・・

城域西側の土塁と南西端から見た城域。

城域西側の腰曲輪。
同様の腰曲輪は北側にも見受けられます。

城域北側土塁と城域から北を見たもの。

城域東側には空堀跡らしきものが見受けられます。
幅の割にはかなり浅くなっているので写真だと分かり難いです。

北から見た城域遠景。
公園化で所々手を加えられているように見えますが、城跡の雰囲気や遺構はある程度留めているように感じられました。

この城がいつ頃築かれたか分かっていません。
戦国時代には北条氏照に仕えた平山虎吉が城主だったとありますが、手元の資料には平山重吉が城主だったが三田氏らとともに滅び、後北条側に属したとあります。
いずれにせよ最終的には後北条氏の支配下にあったと見た方が良さそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください