木々のトンネルくぐると・・・ 「大城森グスク(?)」

皆さんおはようございます。

中部のグスクを紹介するのはもう少し先になりそうです。今回は今まで記事にするのを控えていたネタです。

タイトルにクエスチョンマークがついていますが、それはこの場所、とはっきりしていない為です。それでも、記事にすることで情報が入ってこれば・・・と考えたわけです。

_1

 

 遠景です。ここから入る途中の坂道に、拝所のようなものがありました。

 ちなみに場所は、糸満市大里の消防署近くのスクラップ工場の駐車場からです。

             _2 _3

坂道を登ると、木のトンネルが待ち構えています。

これは少しかがまないと入れません。中には意味ありげな石などもありましたので、一応撮っておきます。

             _4 _5

 それにしても、このトンネル一つだけではないんです。

 二つぐらいあり、その合間は雑草が元気に生い茂っています。ところどころにこんな石があるわけです。

             _6 _7

 トンネルを一通り抜けると石段があります。

 きちんとした遺構らしき石段、こことはっきりしていなくとも、期待は高まります。ちなみに石段の両側は石積みが詰まれています。

_8

 石段を登って少し進んだところで、蚊が多くなり、雑草と蜂に阻まれ断念。

 まだ何かありそうなんですが・・・

大城森グスクは、南山グスクの出城のようです。他には何も情報が入ってきませんので、何ともいえません。

場所にしてもこの辺り、と言うことしか分からず、それらしいところに入ったら、それらしいものがあった、と言ったところでしょうか・・・せめて標識があれば良かったのですが。

とりあえずタイトルのクエスチョンマークがいつか取れれば・・・と思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください