再訪です。 「大城森グスク」

今回は再訪した場所である。大城森グスクの紹介です。

         Oogusukumui201_1 Oogusukumui203_1

 グスク入り口付近には動物が飼育されています。

 自分が通ったときには寝ていましたが、犬もいました。注意が必要かもしれません。

         Oogusukumui204 Oogusukumui205          Oogusukumui206

 前回と比べてさっぱりした印象のグスク内を進んでいきます。

 前回断念した場所も通過、草刈をしてくださった方々に感謝です。

 その奥にはカーの跡が石積みとして残っています。

         Oogusukumui208 Oogusukumui209          Oogusukumui214

 道を進むと右側に曲がり、石積みを上ります。場所からして物見台のようです。

 右の写真は物見台の石積み。

         Oogusukumui210 Oogusukumui212          Oogusukumui211

 物見台には拝所があり、その裏は大岩があります。この大岩を中心に石を積んだようです。

 周りを見ると遮るものがなくていい眺めです。

 ちなみに右の写真は南山グスクのほうです。位置的に見ればやはり南山グスクの出城だったのでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まぁきぃ より:

    とっても空のきれいな写真ですね^-^
    個人的には一番下の真ん中の写真が好きです。見晴らしの良さと木の杭のコントラストがいいなぁ、うん。

    前回と比べてさっぱりした、ってありますが、グスクの清掃が定期的に行われてるんですね。大変そうだ・・・^^;

  2. T・ランタ より:

    >まぁきぃさん
    見晴らしも天気も良く
    写真を撮るには絶好の場所だったのかもしれません。

    史跡などは地域住民などで清掃することがありますね、自分もある場所で参加したことありますが雑草の多いところは結構大変です。

    しかし史跡を散策できるということは誰かが手入れしている、ということだろうと思います。

    もちろん例外もありますが・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください