ひっそりした小規模のグスク 「石原グスク」

皆さんこんにちは。

どうやら今日が十五夜のようですね。それなら昨日近くの馬場でやっていたあのドンチャン騒ぎ(棒や組踊など)はなんだったのかと思いきや、どうやら龕甲祭りの本番(?)だったようです。午後十一時頃でもスピーカーを通して声が聞こえました。

今日は良い天気ですから、月は良く見えるんじゃないでしょうか。

さて、今回紹介するのは糸満市伊原の「石原(伊原)グスク」です。そもそも伊原にあるなら素直にそう名づければ良い物を、石原って・・・どこから来たんでしょうか。

場所は慰霊碑である琉風の塔からさらに奥へ進んだところ、スクラップ工場(?)の向かいにあります。車を止める場所がありませんので、狭いながらも路肩に寄せます。

             ishihara2 ishihara1

 標識には確かに石原グスクをあります。

 とりあえず階段を上ります。

             ishihara3 ishihara4

 ところどころに遺構が見受けられます。

 しかしグスクそのものはかなり狭い印象です。他の部分は森の中に埋もれた、という可能性もありますが・・・

             ishihara5 ishihara6

 一応他の場所へいけそうなところもあるのですが、崖を登り降りするのは相当骨が折れますので、止めておきます。

 ちなみにこのグスクの詳細は不明です。手元の資料にもそうありますし、案内板もありませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください