とにかく鬱蒼としている 「賀数グスク」

おはようございます。

こちらは今太陽は出ておりますが、雲が多かったり地面は濡れていたり微妙な天気です。

今回は「賀数グスク」の紹介です。標識はありませんでしたが、場所的に見て間違ってはいないと思います。

糸満市賀数、兼城小学校の北、賀数公民館の北西の丘にあります。

kakazu1 kakazu2

ここには森の中に入る入り口が二ヶ所ありました、とりあえずは東側の入り口から進んで見ます。

その入り口前には拝所もありました。こちらに車を止めることも可能ですが、軽でないとここまで来るのに苦労しそうです。右の写真は森に入ったところです。

kakazu3 kakazu4 kakazu5

道を進んでいきます。

しかし拝所は見えるのに道が見えなかったりと、この道が怪しく感じてきたのでいったん撤収します。

kakazu6 kakazu7

西側の入り口です。

鬱蒼とした外観に変わりはありませんが、入った途端道が分かれているなど、行動範囲がまるで違います。

kakazu8 kakazu9 kakazu10

ここは拝所やそれに関するものが多数あるように感じられます。

入り口から横に進んでいるだけなんですが・・・

kakazu11 kakazu12

左側の写真は、先ほど見えた拝所ですね。

近づこうと思って進むと、クモの巣にまともにぶつかってとんでもないことに・・・教訓-森の中では周囲に気を配りましょう。

kakazu13 kakazu15 kakazu17

入り口から正面を直進すると、上り坂になってきます。

暗い山道を登ってみます。ところどころに何か見えるのでついでに撮って見たりもします。

kakazu18 kakazu19 kakazu20

何とか登っていると、丘の頂上部にたどり着きました。ここにはコンクリ製の水タンクが立てられていますが、あちこちに遺構のような物や拝所が見えます。

下のほうと比べると日光が当たりやすいようです。

kakazu21 kakazu22

結構高さはあるはずですが、鬱蒼としていて外の景色は拝めません。まぁ、安座真グスクなどもそんな感じでしたが・・・

時々吹いてくる風が気持ちいいですね。蚊はいますが・・・

ちなみにこのグスクに関する詳細は不明です。他の資料と位置を照らし合わせ、あちこちに拝所があることや、立地条件を考えると、ここがグスク跡である可能性は高いと思います。

座波遺跡

_001 _002

グスクの西、老人福祉施設に隣接した敷地内にある遺跡です。

敷地への道がスロープになっているのは、バリアフリーと言う奴でしょうか?

入り口脇の石積みが印象的です。

_005 _003 _004

やはり文字の消えかけた標識です。

「座」の文字だけが後から黒塗りされたようです・

敷地内には拝所が数箇所あるだけのようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください