21/10/29 東作城

この日は昼過ぎに外出して、JR総武本線四街道駅から東へ2kmほどの場所にある不動尊堂付近へ向かいました。

概要

この不動尊堂東から南に向かって伸びる舌状台地上には東作城があり、遺構が残っています。

東作城散策

城域まで

城域北西にある不動尊堂。
不動尊堂前から城域方面を見ます。
不動尊堂前の道を行き止まりまで進んだ後、竹藪に突入します。城域に到達するまで100m以上はあります。
途中、台地を横切るかの様に切通が造られています。
そのまま降りられる高さでは無いため、端から迂回して進みます。

城域内

城域北側空堀。
北側土塁。
城域北東にある虎口。
南側空堀を見下ろした物だったと思いますが、分かり難くなっています。

東作城歴史、感想

この城の詳細な歴史は分かっていません。
小規模な造りである事から、北にある鹿渡城の出城と見る向きが強い様です。
この城は単郭とする見方もあるようですが、2つの郭や腰曲輪も備えていたとする見方もあるようです。
ただ想像以上の竹藪で時間を要してしまった為、そこまで探索は出来ませんでした。

参考

ちば情報マップ(ふさの国文化財ナビゲーション)

城跡ほっつき歩記

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください