茂みの中にある 「船越グスク」

それでは予告どおり、今日回ったところの最初の記事ですね。

自分が家を出たのは午前十一時前のことです。それから車で十数分走り、玉城村船越まできました。

              hunakosika1 hunakosika2              hunakosika3                 

 グスクへの道を探している途中にこのようなものが・・・

カーですね。「フナクシフッカー」だそうです、きちんと作られていますが・・・水面はどうしても汚れるものです、木も生えてますし、色々落ちます。

 このカーの近くの上り坂を登ると、頂上付近で分かれ道、その辺りのはずですが・・・なにやらゴルフ練習場とかあって分かりにくいです、丘の道をあちこち行ったりきたりした末に、ようやく発見しました。

             hunakosi11 hunakosi1                   

 ゴルフ練習場の看板の、右側の茂みに道が・・・分かりにくいです。

 案内板が前に出ていれば分かりやすかったのですが・・・などと言っても始まりません。

                             hunakosi2 hunakosi3                

 船越グスク、別名富名腰グスクだそうです。文字が違うだけ、などと思っても口にはしません。

 さて、案内板から僅かに進むと、左右に分かれます。

              hunakosi4 hunakosi5                

 左側の道は城郭を取り囲む遺構をじっくり見ることが出来ます。

 こういった風にグスクを取り囲む石積みを見上げたりします。

   

                     hunakosi6 hunakosi8 hunakosi10                      

 その分、グスクの下にいますので木々は多く、歩きにくいところもあります。さらにこの辺りには墓などもありますので注意が必要です。

hunakosi7  分かれ道で右側の場合はグスクに上がる形になります。遺構を直接見ることは少ないですが、木の数は程よい感じで快適です。ちなみに拝所もあります。

 さて、案内板によりますと、このグスクの築城にはいくつかの説があるようで、十四世紀中ごろ、玉城王の四男が富名腰按司に封ぜられてこの地にグスクを築いた、という説と、糸数按司の長男、という説があるようですが、どちらも確証は無いようです。

 それにしてもこの時点ですでに暑かったですね・・・丘を降りて次の目的地に向かう途中、フナクシフッカーに飛び込もうかと思ったくらいです。思ってもやりませんが・・・そう言うわけで自分は仲栄真グスクへと向かいました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください