鬱蒼とした古墓 「ユダマグスク」

さて今回は豊見城市平良にある「ユダマグスク」の紹介です。

場所が分りにくかったですが・・・平良集落の北西、丘陵地帯にある水タンクの付近です。

             yudama01 yudama02

 水タンクが間近に見えるあたりに細い道があります。道はコンクリートで塗り固められていて、細いですが車での通行も可能です。

 ここからグスクへと向かいます。

             yudama03 yudama04

 道に沿って右側には多数の古墓があります。

 これも結構な数で全部撮っていたらきりがありません。まぁ、グスク自体も古墓のようなものですが・・・

yudama05

 道をまっすぐ進むと景観のいい崖っぷちになっています。

 ここで道は左右に分かれていて、右が「ユダマグスク」、左は「平良グスク」へと通じています。

 左側へは車でも進めますが右側はそうはいきません

             yudama06 yudama07              yudama08

 そう言うわけで右手側へ進みます。ここは車は入れないような道で、この道の途中で右側に入るわき道へ入ってみます。この道は傾斜がきつめの割に掴むところが少ないので一気に上ります。

 道を登りきるといかにもと言った感じの場所です。岩の隙間を通り抜けます。

            yudama09 yudama11

 岩の隙間を通るとき、足元に古墓らしきものがありました・・・低い。

 とりあえず道を進みます雑草はそれほどでもありませんので割合進みやすいです。

            yudama12 yudama13

 道を進むと左手に古墓らしきものが口を開けています・・・結構でかいですね・・・

 よく見れば石積みが縁取っているのが見えます。これはもともとは石積みで覆っていたのでしょうか。

             yudama14 yudama15             yudama16

 古墓の側を通り抜けると・・・行き止まりです。左の写真では奥みで行けそうに見えるかもしれませんが、途中で切れています。

 一旦切れ目から降りていけないことはありませんが、向かい側は木の密度がかなり高いので諦めます。中央の写真は行き止まり部分の切れ目ですが、いま通ってきた道が実は途中で石積みになっていたことが分りました。

 一応外へ向けての写真を撮ろうとはしたのですが、木々の密度が高くて上手くいきませんでした。

 このグスクはおそらく墓を中心にしたものだと思います。原始的なグスクからそのまま聖地的なものへと変わったものでしょうから、居城としては使われなかったのだと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください