那覇港見ながら散策 「三重グスク」

今回紹介するのは那覇市西の「三重グスク」です。

         Mie01 Mie02          Mie04

 グスク入り口脇に拝所があり、それを見ながら階段を上って鳥居を潜ると、目の前には海上保安本部の信号所があります。

         Mie05 Mie06          Mie13

 那覇港に面した南側を主に散策します。

 崖っぷちや岩陰などに拝所がいくつかあります。

         Mie11 Mie09          Mie10

 海面を眺めたりしながら散策すると、このグスクは石積みで補強された上に築かれたように見えます。しかし右の写真の空間は何でしょうか。

         Mie17 Mie07          Mie16

 このグスクの中心である拝所と北側の石積み、右の写真はグスクの先端の海面です。

 このグスクは王農大親が国防のために築いたそうです。高く堤防を築き、三つの石橋で繋がれていた、ということです。

 それから防衛のために砲台が設置されたようですが、それも空しく薩摩の侵攻を受けてしまったわけですが・・・ 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. より:

    那覇の西付近は旧西町、東町の史跡(村学校所、島…
    那覇の西付近は旧西町、東町の史跡(村学校所、島津藩仮屋跡など)を見るのに度々足を運んでいますが、三重グスクは全く頭にありませんでした。写真で見るといい感じですね。公園になっているんでしょうか?駐スペースとかはありますか。

  2. T・ランタ より:

    >野さん
    この場所は公園ではありませんが、海上保安本部の施設があり、拝みに来る方もいらっしゃるので手入れはされているようです。

    ロワジールホテル脇から入ればグスク入り口付近にちょっとした駐車スペースはあります。

    しかし西町や東町でも結構史跡があるようですね。時間があるときに見てみたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください