崖に面した 「阿波根グスク」その1

おはようございます。

今日は天気がいいです。久々に中部を回ってみようかと思っております。

なるべく無理の無いペースで行きたいですね。

さて今回は糸満市阿波根の阿波根グスクです。県道82号線、那覇糸満線の上を走る高架橋を渡ったところにあります。

_01 グスク遠景、高架橋の上り口より撮影。グスクから見て北側に当たります。

グスクはこの上部に当たると思われますが、写真から見て左側、東側の崖下にも遺構のような物が存在します。

グスク域がはっきりしないため、その遺構がグスクのものかははっきりしません。

_02 _03 _04

グスクのある高台の上には他に拝所がいくつかありました。

右側の物だけはなぜか階段を下った場所にありました。

_05 _06

標識とグスク入り口、標識は草に埋もれかけておりましたので、手で草をどけてから撮影。

グスク入り口付近は割りと歩きやすいです。

_07 _09

奥は水タンクがあり、その付近には一つの拝所があるだけです。かなりあっさりしています。

しかし拝所の前方に道があるようですのでそちらを進んでみます。

_11 _12

先ほどまでとは変わって、草木を掻き分けて進みます。

少し進むとかなり大きな岩があり登れそうです。他に道もありませんので登ってみます。

_13 _16 _14

岩の上は三角点もあり、グスク内の最高所のようです、しかし回りは雑木に囲まれ、外の景色は全く見えません。

これも一応グスクの一部だったのでしょうか。

すみませんが、この後はこれまでよりも長い記事になりますので一旦ここで中断して次回に持ち越します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください