ルートラボ利用による散策データ貼り付け

散策経路の結果貼り付けが上手く行かず色々試していましたが、山旅ロガーからルートラボにデータを送信し、さらに出力することで何とか出来ました。
当初は山旅ロガーのブログパーツを直接利用していましたが、javascript全般お断りなgooブログに移ってからは画像データを貼り付けるというやや回りくどいことしていました。
wordpressにしてもドメインの都合か、なかなかブログパーツが上手く表示出来ていませんでした。

最近も山旅ロガーからKMLデータを出力してサーバにアップロードしたり、googlemap関係やKMLのプラグインをインストールして見たりgooglemapsAPIをいじってみたりしましたが、上手く行かず他の手段を検討しました。
そこで山旅ロガーがルートラボとSTRAVAへのデータ送信へ対応していることに気づき、比較したところルートラボを利用したほうが無難と判断しました。
●STRAVAは専用アプリをインストールする必要がある。
●STRAVAの地図データはgooglemapのようなのでgooglemapsAPIの影響を受ける可能性が高い。(ルートラボはYahoo地図)
以上の理由でルートラボを利用することにし、直近の散策データを含め数件のデータを送信して貼り付けてみました。
もっとも山旅ロガーで謎のデータ消失があったり(一年以上分のデータがごっそり消えました)携帯破損などでアプリに残っていたデータは僅かでした。
もっと早くこれをやっていればと思わずにいられません。データのバックアップにもなりますし。

何はともあれ、今後散策経路は山旅ロガーからルートラボに転送することで作成していく事になります。

このお陰でwordpressのプラグインを整理出来ましたし、googlemapsAPI関連も一旦全削除しました。
この辺りはかなりゴチャゴチャしてましたので、仕方ありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください