16/3/6 長島高城

昨日は遅めの時間に外出し、東京メトロ東西線浦安駅から北西1kmほどの場所にある清光寺へ向かいました。
当初は日没時間前後に到着見込みでしたが、何をどう間違えたか最寄り駅に到着した時点で日没を過ぎていました。

移動中に通りかかった、旧江戸川河口付近にある妙見島の外観と内側。
旧江戸川に浮かぶこの島は、23区内唯一の自然島として知られています。

(左)城域であったという清光寺。
(中)清光寺の説明板ですが、長島高城にも触れています。
(右)城域の西側であったと見られる香取神社。

この城の築城時期などについて詳細は分かっていません。
説明板によれば戦国時代には長島殿と呼ばれる城主がいたらしいと見られる程度です。
当然、戦国時代であれば後北条氏に属する城であったと思われます。
また、この城自体は水運や海を監視する役割があったと思われます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください