19/7/31 先崎城、青菅陣屋

この日は少し遅めに外出して山万ユーカリが丘線中学校駅から北へ1.5kmほどの場所にある先崎地蔵尊付近へ向かいました。

先崎城

先崎不動尊裏手の丘は先崎城の跡とされ、遺構が僅かに残っているのだそうです。

先崎城散策


南からみた城域。
鉄塔が建てられたためか、丘の上は削れられており城域は破壊を受けたと見られています。

(左)城域南側麓にある先崎不動尊。
(右)不動尊の右手側裏手にある先崎城主の墓。右手側にある標柱のような杭には「先崎城主墓石」と記載されていたようですが、現在ではかすれて読めなくなっています。

(左)城域へ向かう道。地蔵らしき石仏前を右に曲がると鉄塔にたどり着きます。
(右)城域周辺。鉄塔脇の道。

(左)鉄塔裏手にある僅かな窪みは空堀の痕跡と見られています。
(右)鉄塔裏手の土塁。藪化した土塁の向こう側には主郭跡があるのだそうです。鉄塔側にも郭があったのかは定かでありません。

城域の西にある先崎鷲神社。
この辺りも城域と見る向きもあるようですが、それだと広すぎる気もして微妙な所かも知れません。

先崎城歴史

先崎城の詳細な歴史は分かっていないようです。
ただ城の位置から臼井城の支城と見られているようです。

参考

余湖くんのお城のページ
び・び・びのびいすけ

青菅陣屋

先崎城を散策後、南東にある称念寺付近に向かいました。
この辺りは江戸時代に旗本である川口氏の陣屋があったのだそうです。
遺構などは残ってないようですが、参考資料を見ても、称念寺付近から南の稲荷神社裏手辺りということしか分かりませんので、称念寺と稲荷神社両方確認しました。

称念寺周辺


(左)西側から称念寺門前付近を見ます。
(右)称念寺山門。

(左)称念寺境内。
(右)称念寺山門南側路上。googlemapではこの辺りが陣屋跡に設定されています。

稲荷神社周辺


東側から稲荷神社へ向かう道。

(左)青菅稲荷神社鳥居。
(右)稲荷神社は改修工事の途中のようで色々手入れされているようでした。

稲荷神社裏手は畑地や竹藪でした。

青菅陣屋歴史

前史

この陣屋は1606年、江戸幕府の旗本川口宗勝によって築かれたのだそうです。
宗勝は当初、戦国時代に尾張国から三河国に跨る所領を有していた水野氏末期の当主である、水野信元に仕えていたそうですが、織田氏家臣の柴田勝家に仕えた後、織田氏の直臣となります。(元々織田氏に仕えていたとする資料もあります)
本能寺の変後は最終的に豊臣秀吉に仕え、豊臣政権期には尾張国沓掛城18000石を領したそうで大名であったと言えます。
しかし1600年の関ヶ原の戦いにおいて、宗勝は徳川家康と祖母が同じである再従兄弟という血縁関係もあって東軍に付くつもりだったようですが、引留にあって不本意ながらも西軍に付いたため戦後所領を没収されます。

築造~廃止まで

1606年(1605年とも)、宗勝は二代目将軍秀忠に取り立てられ、青菅に2500石を与えられ旗本となります。
1612年、宗勝は青菅で没したのだそうです。
宗勝の後は宗信、宗次、宗恒と継承されていったようです。
しかし宗次から宗恒から相続される際には計2000石まで減っていたようです。2000石の内宗恒自身は1700石、弟宗長300石で相続されたようです。
1652年に家督を継いだ宗恒ですが、1680年には長崎奉行に就任し500石を加増されます。1686年には貿易統制の功により更に500石を加増され計2700石を領したようです。
宗恒はその後江戸北町奉行などを経て1698年に職を辞し、翌99年には隠居しています。
しかし子の宗直は安房国藤井2700石となったため、陣屋も廃止になったようです。
陣屋は1698年まで用いられていたと思われます。

参考

千葉県文化財センター研究紀要28
川口宗勝 – wikipedia
川口宗恒 – wikipedia

7/31全ルート

この日の全ルートです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください