16/9/18 諏訪午之丞館

昨日は遅めの時間に外出して、JR京浜東北線鶴見駅から北東に1kmほど移動して、レアールつくのの北側出入り口付近へ。

この付近には諏訪午之丞館があったのだそうです。

(左)城域東側の道。左手側が城域です。鶴見駅の北にあるアーケード、レアールつくの北側出入り口から道一本隔てた所です。
(中)説明板。後北条氏の家臣である諏訪三河守が城を構えた際にその北東に築かれた館だそうです。
(右)現地説明板で空堀跡と記されている辺り(推定)。説明板とも道が違っていてハッキリとは分かりませんでした。

この館は、かつて井戸跡や古墳を用いた物見跡などがあったようですが、現在は宅地化に寄って消失した模様です。

館の詳細ですが、寺尾城主諏訪三河守が城を築いた際に嫡男の午之丞に築かせたのだそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください