10/11/28 牟礼砦

この日は昼過ぎに外出して京王井の頭線三鷹台駅から南西に1kmほど歩いて神明神社へ。
ここは牟礼砦があったとされる場所です。

Pb289689 Pb289692 Pb289693

(左)西側の神社入り口。

(中)神明神社境内。遺構の類はありません。

(右)神社由来には後北条氏家臣の高橋綱種によって築かれたと記されています。

Pb289694 Pb289688 Pb289700

(左)神社拝殿。

(中)神明神社北側の切通道。砦の規模は分かりませんが、砦のある高台を遮断していますので、堀切だったのかも知れません。

(右)切通道の向かいから見た神明神社。

上にも書いていますが、この砦は後北条氏の高橋綱種によって築かれたと言われています。
1524年、後北条氏は高輪台で扇谷上杉氏の軍を破り江戸城を奪取します。
扇谷上杉氏当主朝興は江戸城奪回を目指しますが、それが出来ないまま1537年に病没します。
朝興の跡を継いだ朝定も江戸城奪回を目指し、同年、難波田憲重を深大寺城主とし整備させます。
それに対し後北条側は高橋綱種にこの牟礼砦を築かせて対峙させます。そして同年の内に深大寺城を攻略したとされます。
なお、神社は綱種が陣内鎮護の為に勧請したとあります。
この砦は深大寺城攻略の為の一時的なもので、深大寺城を奪取した後は廃城されたものと思われます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください