09/7/19 加須市、騎西市遠征(1) 設楽氏陣屋跡、礼羽氏館跡

設楽氏陣屋

この日は朝から外出しました。
複数の場所を廻る予定でしたのでどうなるかと思いました。

東武伊勢崎線加須駅で下車し北西に歩くと住宅街の中に標柱が見えます。
最初の目的である設楽氏陣屋跡(伝承地)です。

Zinya002 設楽氏は徳川家康が関東入封した際に従った設楽貞清が築いたとされています。

貞清は家康より1500石を与えられ、礼羽に陣屋を置き領地の水田開発を行ったとされています。
標柱は住宅地の中でしかも伝承と表記されていますが、大雑把でも場所が分かれば良いのではと思います。

礼羽氏館

設楽氏陣屋跡から数分歩くと礼羽氏館跡があります。

Raiha001 Raiha004 Raiha007 ここの標柱に伝承と表記されていますが・・・

吾妻鏡には1213年の和田合戦で和田義盛の三男義秀と戦い討たれた御家人の中に礼羽蓮乗の名が見られるのだそうです。

標柱の南には「石皿」の標柱があり、その周囲には堀跡と思われる地形が見られます。
それが礼羽氏の物もかも含めて詳細は不明と言えます

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください