7/28午前

この日は休日にしては早く目覚めました。
この日はエイサー祭りのある新宿に行く予定でしたが、その前に一散策することに。

向かったのは品川区白金台の「白金長者屋敷跡」。
現在は国立自然教育園内にあります。目黒駅から徒歩7分といったところでしょうか。
入るのに300円が必要です。

園内を一通り一周すると遺構の土塁を見ることが出来ます。
土塁は自然教育園内の東側を約半周しているしているものがありますが、入場客が見ることが出来るのは南端部と北端部付近だけです。
それと園内南西部の館跡を囲む、小規模ながら馬蹄型に盛られたものがあります。

         Shinagawa_004 Shinagawa_006_1

(左)土塁南端部。

(右)森に関する説明板。背後に断片的な土塁が見えます。

         Shinagawa_012 Shinagawa_015          Shinagawa_016

(左)園内北側へ向かう「森の小道」入り口。

(中、右)園内北側「森の小道」から見える土塁、この辺りだと車の音が聞こえたり・・・

館は「白金長者」と呼ばれる豪族によって築かれた中世城館とのことですが詳細は伝わっていない模様です。

         Shinagawa_020 Shinagawa_022          Shinagawa_024

(左)館跡西側入り口。 道の両側は土塁です。

(中)館跡を囲む馬蹄型の土塁西側、右へ曲がっているのが分かります。

(右)館跡説明板、背後の土塁は馬蹄型土塁の中央辺り。

園内は遺構のほかに複数の池や様々な植物があるので都心部で自然に触れ合いたい方にも良さそうですね。

         Shinagawa_009_1          Shinagawa_018_2Shinagawa_019

(左)園内の水生植物園。

(中)大蛇の松

(右)ひょうたん池。

ちなみに新宿の予定時間には遅れてしまいました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください