墓・・・です。「ウフグスク」

今回はウフグスクの紹介です。

メーダグスクから比謝橋前で信号を渡り、58号線沿いに歩いていると右手にそれらしきものが見えてきました。

             Ufu01 Ufu03             Ufu06

 とりあえず森の中を歩いてみますが広くはありません。ここは崖を利用した墓がいくつかあるだけで、やはり崖上がグスク域なのでしょう。

 そう言うわけで道に出て崖上に回りこみます。

             Ufu12 Ufu13             Ufu14_1             

 崖上にあった大湾按司の墓。墓というには少し小さい気がします。

 大湾按司は伊波按司の息子で、このウフグスクの按司だったようです。墓の付近には拝所もあります。

             Ufu17 Ufu15              Ufu19

 按司墓の前からコンクリートの道があり、崖のほうへ通じています。道を進んでみますが本当に崖があるだけでした。

 墓のある辺りの東側には高台があります。もしかしたらあの辺りもグスクだったのかもしれませんが、道は雑草で覆われていました。

Ufu20

 グスク域北側にある大湾交差点の歩道橋から見てみます。高台が少し見えるぐらいですね。

 このとき付近は工事中でした・・・今は分りませんが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください