川に挟まれています 「メーダグスク」

それでは今回は読谷村大湾のメーダグスク(真栄田グスク)です。

            Meda233 Meda202_1              Meda203

 このグスクは二度目の挑戦です。58号線沿いを歩いているとグスクへ入れそうな道を見つけましたのでついふらふらと向かってしまいました。

 左の写真はグスク域の遠景です。

            Meda205 Meda208             Meda209

 グスク域北東部より川沿いに歩いていきます、道に入っていきなり石積みがあって期待させましたが、グスクとの関係は不明です。

 右の写真はグスク域から見た比謝橋です。

            Meda211 Meda212             Meda213

 川沿いの道は水面と2,30センチほどしか離れていません。雨が降ったら冠水しそうです(危険)・・・部分的に冠水していますが・・・

 道の右手側には拝所や墓があります。やがて道はグスク域の南側を迂回して西側に回りこみます。回り込むと、川は細くなっています。この流れはすぐに比謝川に合流します。

             Meda214 Meda215             Meda216

 西側、段差の上に登ると拝所があります。

 左側の拝所には「御先七女神・・・」と言った風に書いてあったはずですがはっきりとは覚えていません。

            Meda217 Meda219             Meda221

 段差の上で高くなった道を進みますと、やたら低いところで横ばいしている枝がありますので潜っていきます。そうしているうちにグスク域の北側へ向かっていますが、右側の写真の辺りは左手は崖ですので注意が要ります。

             Meda223 Meda225             Meda230

 それでもとりあえず進んでみます。石が並べられた辺りもを過ぎると、石積みが現れます。意外にちゃんとした石積みですが、他に道がありませんので石積みの上を通っていきますと、道が急な下りになっているのが見えましたので引き返しました。

Meda232

 グスク域西側の川に渡っている橋。この向こう側は以前散策したところでした。次このグスクに来ることがあったら間違いなくこちら側から進入するでしょう。

ちなみにここにあったカーは古堅ガーでしょうか・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください