巨岩が聳え立つ 「マーシリーグスク」

おはようございます。

今回は北中城村熱田のマーシリーグスクです。場所は国道329号沿いですので分かりやすいかと思います。

             maasiri2 maasiri1

 自分は道の反対側に車を止めましたので、渡るのに結構時間かかりました。

 ここは通称「熱田マーシリー」と呼ばれているようで、伝承などもあるようなのですが、残念ながら調べることは出来ませんでした。

             maasiri3 maasiri4

 このグスクはいくつかの巨岩と拝所で構成されています。

 一番大きな岩にはガジュマルの根が絡みついています。それが雰囲気をかもし出しています。

             maasiri5 maasiri6             maasiri7

 このグスクはかなり狭いです、最小規模と言ってもいいかもしれません。

 しかし拝所としての意味合いしかなかったのでしょうから、この程度でも良いのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まぁきぃ より:

    マーシリーって何だろうと思って方言を調べるサイ…
    そこは那覇・首里方言のサイトだからかな。
    本島内でも場所によって言葉って全然違うみたいですね。

  2. T・ランタ より:

    >まぁきぃさん
    確かに場所によって方言は変わりますね。
    宮古は有名ですが・・・

    グスクや史跡を回っているとこういった固有名詞に当たります。カーが多いですね。中には案内板で名前の由来を教えてくれているところもありますが。そういったところはごく少数ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください