18/2/17 北秋津城

この日は昼頃に外出して、西武池袋線所沢駅から南東に1km弱の場所にある日月神社へ向かいました。

概要


この神社から東側に掛けては北秋津城があった場所ですが、現在は殆どが進入出来ない模様です。
また現在日月神社と東側の城域を分断している道路は明治の地図では存在しておらず、かつては日月神社のある場所も城域の一部だったと考えられます。

北秋津城周辺散策


(左)北の「北秋津」信号前付近から見た城域。
(右)西側の道路から城域を見ます。

(左)日月神社鳥居。
(右)日月神社境内。拝殿の辺りから高くなっているのが、城域の一部だった名残を思わせます。

(左)拝殿前にはご神木と説明板があります。
(右)説明板。城主の存在を伺わせる伝説が記載されていますが、具体的にどういった人物か定かでないようです。

拝殿裏手にある社務所辺りはさらに高くなっているので、城域を見ることが出来ないかと思いましたが、間にマンションがあり無理でした。

北秋津城歴史

この城は武蔵七党村山党の流れを汲む久米氏の館という説や大石信重が城館を置いたなど諸説あるようですが、詳細は分かっていないようです。
以前は外から遺構を臨む事も出来たようですが、現在は周辺の住宅や建物が増えたため難しくなっているようです。

参考

城郭図鑑
攻城団

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください