17/12/16 神金城

この日は昼過ぎに外出して、京急久里浜線北久里浜駅から北西へ1.5kmほどの場所にある妙真寺付近へ向かいました。

概要

当初は日没まで少し時間がある見込みでしたが、JRのトラブルから混雑での遅延で到着した時にはほぼ日没時間でした。
この妙真寺の裏山は神金城の跡と言われていますが、これと言った遺構は無いようです。

神金城散策


(左)南東から見た城域遠景。
(右)城域の麓に当たる妙真寺入口。

(左)妙真寺本堂と背後に見える城域。境内自体少し高い壱にある為、何らかの施設があった可能性はありそうです。
(右)妙真寺墓地から見た城域。

城域付近から正面(南東)を見たもの。(クリックで拡大。例によってgooglePhotoが加工した物です)

(左)城域へ向かう道の突き当り。ここからは道が無く斜面を直登するしか無さそうですが想像以上の藪で暗くなってきたいた事もあり断念しました。
(右)南西から見た城域遠景。

城域の西100mほどの場所の公郷四丁目公園にある城跡碑。これだけ見るとこの公園が城跡に見えます。

神金城歴史

この城の詳細については分かっておらず、鎌倉時代に三浦氏が衣笠城の支城として築いたといった見方や
室町時代には三浦氏庶流で後北条氏に仕えた永島正澄が城主だった(あるいは正澄が築いた)と言われています。

参考

古城址探訪
攻城団

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください