17/3/11 高岡陣屋

昨日は少し遅めに外出し、総武本線滑河駅から東へ1kmほどの場所にある三峰神社付近へ。

概要

この場所は高岡陣屋の跡だそうですが、現在は遺構は残っていません。

また移動中、あと一駅という所で10分ほど電車が運転見合わせ、到着した時は暗くなって来ていました。

高岡陣屋散策

(左)南から見た城域遠景。現在城域は三峰神社の他、JAかとりの敷地となっています。この写真のJA西側の道と北側の道はかつての堀の痕跡のようです。
(中)東から見た城域遠景。左手に見えるのが三峰神社です。
(右)三峰神社鳥居脇にある城跡碑。

高岡陣屋歴史

この陣屋は1676年、高岡藩3代目藩主井上正蔽によって築かれたのだそうです。
初代藩主正重は主に対キリシタン政策で功績を上げ、1640年に島原の乱での功績によって1万石を領する大名となり、高岡藩を立藩します。
高岡藩は幕末まで存続し、1871年の廃藩置県で11代目藩主正順が藩知事の職を失った事で陣屋も廃された模様です。

参考

千葉県文化財センター研究紀要28

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください