15/2/21 井田城

今日は昼過ぎに外出し、JR南武線武蔵中原駅から南へ2kmほどの場所にある神庭(かにわ)緑地へ
この緑地がある高台には井田城があったとされています。

(左)北西から見た城域遠景。(中)城域へ向かう道。(右)高台の上には中原養護学校などがあり、この辺りが城域の中心だったようです。しかし遺構などは残っていません。

高台北端にある神庭緑地の入り口。

(左)緑地には大きめの盛り土がありますが、これは古墳だそうで、3基あるの内2基が円墳で残り1基が前方後円墳と川崎市教育委員会のwebサイトに記載されていました。城があった当時は古墳は櫓台として用いられたと思われます。
(中、右)古墳の間には土塁の痕跡らしきものが見えます。

緑地西側は低く落ち込んで竹林となっています。

緑地から北側を見たもの。

緑地北側の入り口。

この城について詳細は分かっていませんが、後北条氏に仕えた豪族で矢上城主である中田氏によって築かれたとも言われているようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください