今日は色々ありましたね

こんばんは。

世間では某社長の国会での証人喚問ですとか某IT企業の強制捜査などの話題が持ちきりでしたが、密かにこういう事が起こっていたわけです。

米軍F15戦闘機が墜落

落ちたのは海上ですが、それならいいという話ではないでしょう。陸上なら大惨事ですから。

それに全く被害が無かったわけでは無いようです。

「漁場に・・・」住民ら衝撃

地元漁師には損害があるかもしれません・・・そうでなくとも海を汚しています。

いつまでこういうことは続くのでしょうか・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 余計者。 より:

    T・ランタさん、こんにちは、
    本土は、別件でせからしかったですが、沖縄は、F-15の件で持ちきりでしたね。二紙とも、大きくウェブで取り上げてましたし。

    もともと、F-15は問題の多い戦闘機で、本国でもいろいろと問題を起こしているそうです。

    だから、嘉手納でもあれだけの反対運動が起こるのかな?

  2. T・ランタ より:

    >余計者。さん
    先月も燃料漏れのトラブルがあったようですね、これは怒るわけです。

    本国でもこのぐらいの割合でトラブルを起こしているのでしょうか。それとも嘉手納基地のが特別なのか・・・

    どちらにせよもっと安全にして欲しいです。

  3. より:

    F-15戦闘機は94年には嘉手納弾薬庫の黙認耕作地(…
    F-15戦闘機は94年には嘉手納弾薬庫の黙認耕作地(沖縄市側)に墜落しました。離陸まもなくの墜落で、後5,6秒も飛んでいたら登川か、少し右に傾くと知花グスク辺りに落ちたかも知れません。墜落現場の30m近くで畑仕事をしていた人もいましたが、奇跡的に無事でした。超高速の戦闘機なので、墜落場所を陸か海かは全く選択不可能ですよね。今回もたまたま海だったわけです。

  4. T・ランタ より:

    >野さん
    94年の場合は少しでも基地の外に出て、住宅地に落ちたら大惨事ですね。
    畑仕事していた方が無事だったのは本当に奇跡的です。

    今回の件も沖国大のときと同じで「運が良かっただけ」でしょう。

    調べたらこういうのが出てきましたが・・・
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-11-10/2005111001_01_1.html

    危険性を抑える努力を本当にしているのか疑問です・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください