全貌把握できず 「佐慶グスク」

さて今回は「佐慶グスク」の紹介です。以前失敗紹介したことがあり、二回目が北側からの進入三回目で南側からの進入となりました。

             Sakei201 Sakei202

 グスク域北東部、坂道を登りきったところにこのような斜面が・・・登れそうでしたので無理やり登ってみましたが、斜面の上は踏み入るのが困難な藪でしたので諦めました。

 こういうところは登りよりも下りが厄介ですね。

             Sakei203 Sakei204             Sakei205

 斜面のあった坂道を下って少し西側へ移動すると別の入り口がありますので、入ってみて見ように曲がりくねったコンクリ製の階段を登ります。

 その上には墓が・・・これだけか?と辺りを見回します。

             Sakei206 Sakei207              Sakei208

 よく見れば階段の一角に面した斜面が・・・しかも石積みらしきものも見えます。

 これは登れと言っているのだなと勝手に判断して登ります。

 登りきると足元を石に覆い尽くされています・・・元々こういう積み方だったのか、それとも崩れたのか不明です。

             Sakei210 Sakei212 Sakei214_1

 とりあえず道を進みとT字になっています。右側は外に出そうな上に雑草に覆われているので左側を進みます。

道を少し進み、藪を避けると目の前に石積みが立ちはだかります。

             Sakei215_1 Sakei216             Sakei217

 一応自分の立っている場所は通路のようにはなっていましたが、それでも雑木が多いので、ここも登ることにします。

登ってみると結構な高さです。ちなみに右側の写真が自分が進んでいた道ですね。高さはありますが木の密度がすごく外は見えません。

あとで調べたところ、この時進入した入り口は裏門のようでしたので。正門を探すべく以前失敗した南側からの進入を試みました。

南側は、平和創造の森公園から探し始めましたが、結局以前探した場所に行き当たりました。

            Sakei313 Sakei302             Sakei303

 以前進めないと判断した藪の中を強行します。視界が悪い上に細かい枝が刺さってきて、上着を着ていなければ痛かったのでは・・・と思ってしまいます。

 進むと遺構らしきものが見えましたので、これに沿っていくようにして進みます。

            Sakei304 Sakei305              Sakei307

 やがて少し開けた場所に出ます。少し高くなっているようです。さらに一角にやたらと存在感のある石積み遺構が・・・郭か城門かのどちらかと思われます。

 開けた場所は日当たりが良いせいか雑草が生い茂っています。周囲の城壁なども隠れています。

            Sakei308 Sakei309              Sakei310

 雑草掻き分けて散策・・・城壁がはっきり残っている箇所があったので近づき、下を見てみます。

木が邪魔で写真には写りませんでしたが・・・工事現場のようでした。公園付近でしょうか?

 さて北と南から進入してみましたが、全体的に通行が厳しく、全貌を把握できなかったというのが正直なところです。

 遺構の類は結構残っていましたが、通り道を確保するだけでも結構見ごたえがあるのではないかと思いましたが、この藪は正直ひどいです。まぁ・・・今後に期待したいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まぁきぃ より:

    うわ、すごい藪。ほんとに上着を着てなかったらあ…
    石積みを発見できただけでもヨカッタではありませんか。

    もしグスクに霊とかがいたら・・・

    「誰だ誰だ?!」って思ってるかもしれませんよ。それともT・ランタさんのことが噂になってたりして。
    「お前なんかのとこにも来たか?」
    「あぁ、こないだ来てたよ。」
    なんて^皿^;

  2. T・ランタ より:

    >まぁきぃさん
    夏場来たときは通れませんでしたが、今回は服装が幸いしました。

    確かに霊がいればそう言った話は出そうですね・・・グスク同士が近ければそう言った話も伝わりやすそうです。

    自分としては目の前に現れなければ問題なしですが・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください