登山気分が味わえる? 「兼箇段グスク」

さて今回は前回中部遠征したときの第一弾、うるま市具志川兼箇段の兼箇段グスクを紹介します。

             kanekadan01 kanekadan03

 付近に丘がいくつかあって分かりにくかったため、近くを探し回ってようやく標識を見つけました。標識の側から道が伸びていて、ここが入り口かと思いますが、実はこれはダミーです。(何じゃそりゃ)

 一応この道の向こう側にグスクの入り口があります。

             kanekadan33 kanekadan04             kanekadan05

 グスク遠景、この丘の中腹辺りからグスクになっていました。

入り口付近の拝所、そこから少し進むと本当の標識があります。

             kanekadan06 kanekadan07             kanekadan08

 標識付近には墓か拝所か良くわからないものが・・・開いているところを見ると墓でしょうか・・・

 標識の前からは道が左右に伸びています。

左側は急で鬱蒼とした雰囲気、右側は広くて緩やかです。自分は左側が本命と見て、右側を様子見として先に行くことにしましたが、結局両方ともつながっていました。

             kanekadan10 kanekadan12             kanekadan13

 緩やかな道をしばらく行くと、郭のような広場になっています。二方向に道が見えます(実際は三方向)とりあえず行き止まりが明白な左側の進み、そこの拝所を見てみます。右側の写真がそれです。

             kanekadan14 kanekadan15             

 左の写真は広場の右手にある崖。高さは結構ありそうですので、ここは広場から正面の道を選んで進みます。右の写真がその道です。

 この辺りは雰囲気が変わり鬱蒼としています。

             kanekadan17 kanekadan09

 林を進むと墓のようなものが。

 自分の背後には入り口からのもう一方の急な道が伸びています。こういう風に繋がっていたわけです。せっかくですので少し下って道を撮ります。

                         kanekadan16 kanekadan18

広場と墓の間の林の中に僅かながら遺構があります。

 草木に隠れて分りにくいですが・・・一応石積みです。ついでに石積みのある岩場を登ってみましたが何もありませんでした。

             kanekadan22 kanekadan23             kanekadan24

 後は崖のみです・・・と言うわけで登ります。正直高いところは得意ではありませんが・・・

 木や岩を伝って登っていきます。真ん中の写真は中央辺りで撮ったもの、右の写真は頂上から見下ろしたものです。降りるときが少し心配でした。

             kanekadan32 kanekadan26              kanekadan27

 頂上でまず目に付いたのが虎口を思わせる凹型の岩、それを跨いで進むと少し道が続きます。思ったより広いです。その奥にはさらに狭い入り口があり、こちらは跨ぎつつ潜ります。

             kanekadan28 kanekadan31     kanekadan29             kanekadan30

 奥は広場になっています。主郭でしょうか。もしかしたら物見の場所かもしれません。ポールが立っていて旗が靡いています。

周りの木が多くて景色が良く見えないのが残念です。

 このグスクについてははっきりと分っていないようです。具志川商工会HPには按司が居していたかはっきりしていない、と言うことですが、ぐーどっとこむには、北谷グスクの野国按司がこの地に次男を国立ちさせた。とあり、はっきりとはしていないのが現状のようですが、どちらも触れているのは頂上部から遺物がは発見されているので人が住んでいたようだ、と言うことですね。

ここに住むのは少しきつそうですが、回った手ごたえと言うのは充分に感じたグスクでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まぁきぃ より:

    ダミーって何ですかダミーって^^;
    標識の近くにあるお墓のようなもの・・もしかして見える人には何か見えるんでしょうか(゜д゜∥)

    >ここに住むのは少しきつそうですが>
    うーん、そうですよねぇ。
    高い場所にあるのは守りには適してりけど住む人の行き来が大変そう・・。
    私は高い場所は平気なので崖を登るのも好きです^-^
    って言っても崖を登ることなんてあまりないですが^^;

  2. T・ランタ より:

    >まぁきぃさん
    ダミーと言うのは・・・入り口と思わせて進んだら普通の住宅地だったという・・・その近くに本当の入り口はあったんですが。

    墓は自分は見えない人間ですのであまり気にしないんですが、中は少し気になりました。

    あの崖は最初分らずに通り過ぎたようなところです、ああいう所に住むと頻繁に上り下りしないといけないですよね・・・不便です。
    しかも自分は高いところはどちらかと言えば苦手ですので・・・山のように足場がしっかりしていれば何ともありませんが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください